【原宿/猿田彦珈琲】和の雰囲気の癒しスポット!電源はある?営業時間は?行った感想

渋谷区勤務のOL、amiです。

原宿駅の新駅舎にオープンした『猿田彦珈琲 The Bridge 原宿駅店』に行ってきました。
原宿とは思えないほど、店内は和の雰囲気の落ち着いた空間。
個人的にとてもお気入りのカフェとなりました。

今回は、店内の雰囲気、電源の有無、営業時間等気になることをまとめます。

猿田彦珈琲とは

「たった一杯で、幸せになるコーヒー屋」をスローガンに恵比寿から歴史が始まった猿田彦珈琲。厳選したこだわりのコーヒー豆を使い、一杯一杯丁寧に抽出してくれる至福のコーヒーは、味わう人を笑顔にしてくれます。

現在は都内に14店舗あり、原宿店はその中でも初の大型店舗。
猿田彦珈琲がかける情熱は高く、現時点での集大成ともいえる場所なのです。

原宿店のためにウイスキーの樽でコーヒーの生豆を熟成させ、香りづけした後に焙煎した「バレルエイジドシングルオリジン」豆を開発。最高峰のコーヒーのみを厳選したブレンド「猿田彦の夜明け-THE RISE OF SARUTAHIKO-」などの限定商品も楽しめます。

猿田彦珈琲 The Bridge 原宿店

【原宿/猿田彦珈琲】店内の雰囲気

『猿田彦珈琲 The Bridge 原宿店』は、原宿駅表参道口を出た2階にあります。
店内設計デザインは、渋谷の「Hotel Koe」を手掛けたサポーズデザインオフィス(SUPPOSE DESIGN OFFICE)が担当。和の空間と日本の路地をインスピレーション源に幾何学的な線の構成や低い軒などを取り入れた空間に仕上げているそうです。

入り口は黒でクールな印象。入ってすぐ右側が注文レジ。

店内に入ると、珈琲の良い香り。
コーヒーカウンターで一杯一杯丁寧に抽出する姿を見れるのが嬉しい。

座席数は約140席とかなり広々とした店内。
席ごとに広めに空間をとっているので、窮屈な感じが全くしません。
お子様連れやベビーカーのママさん達も安心して、楽しめると思います。

奥ゆきのある店内には、畳、障子、盆栽など懐かしい日本の和が。
まるで京都にいるようで、ほっこり癒される居心地の良い空間です。

【原宿/猿田彦珈琲】メニュー

オープンに際し、新たにエクスクルーシブコーヒーライン「The Bridge」を立ち上げ、同店限定で展開を開始。
厳選した各国最高峰のコーヒーを独自にブレンドした「猿田彦の夜明けーTHE RISE OF SARUTAHIKOー」(ドリップ 税別900円)や、ウイスキー樽で熟成された薫り高い「バレルエイジドコーヒー」(ドリップ、コーヒー豆いずれも時価)、ゲイシャ品種のコーヒー、最高品質のコーヒーにのみ与えられる称号「Cup of Excellence」に入賞したコーヒー、同店限定のシングルオリジンコーヒー(常時3〜4種類)などをラインナップする。


 このほか、JR原宿駅と猿田彦珈琲が共同開発したブレンドコーヒー「原宿ブレンド」や、アメリカ発のガラス製食器ブランド「ファイヤー キング(Fire-King)」と原宿駅、猿田彦珈琲がコラボしたスタッキングマグなどを揃える。

引用元: FASHIONSNAP

今までスタバ一筋で、初猿田彦珈琲の私。
限定コーヒーと迷ったのですが、まずは定番のドリップコーヒーをいただきました♡

カップのデザインも可愛い。捨てるのが持ったないくらい。
味は苦すぎず、とてもまろやかで飲みやすい♡
すっかり猿田彦珈琲のファンとなってしまった・・。

【原宿/猿田彦珈琲】ショップ

コーヒー豆やコーヒ用機具、マグカップも店内で購入が可能。
奥では、アイスも購入できます。

海外の人には、ギフトとしても喜ばれそうですよね。
立派な盆栽が素敵。

【原宿/猿田彦珈琲】電源の有無

ずばり電源は、あります!

場所は、コーヒーカウンター前の立派なウッドテーブル。
充電したい人や、PC作業をしたい人には、嬉しい。
個人的に平日昼間の原宿は、観光客や休みの学生さんが多いのでそこまで混んでいない印象です。ゆっくり作業をしたい人には、結構オススメ。

土日は、すごい人混みですが・・。

【原宿/猿田彦珈琲】営業時間

所在地:東京都渋谷区神宮前1-18-20 原宿駅2階
電話番号:03-6721-1908
営業時間:8:00〜22:00(フード LO21:30)
定休日:不定休
面積:約277平方メートル
席数:約140席
https://sarutahiko.co/

ぜひ行ってみてくださいね♡

最新情報をチェックしよう!