美肌・若がえり効果のある食べ物基本の6選!身体の内側から食べて綺麗になろう。

一人暮らしだと自炊してもバランス良く栄養を取るのは難しいですよね。
でも肌や健康のために栄養のある食材を手軽に取れればいいなと思いませんか。

30代過ぎると身体の内側から綺麗になりたいなと思う今日この頃。
こんな本を読んでみました。

今回は「食べれば食べるほど若くなる法」で紹介していた食べるだけで肌や身体が綺麗になる食べ物を6つ紹介したいと思います。

筆者の菊池真由子さんは阪神タイガーズや国立循環器病センター集団検診部での勤務経験がある管理栄養士。

ダイエットや生活習慣病の予防対策など1万人以上の方へ健康指導されてきたベテランです。

・身体の内側から綺麗になりたい人
・健康意識が高い人
・食べて綺麗になりたい人
・一人暮らし、美容健康にいい食材で自炊したい人

美肌・若がえり効果のある食べ物1:納豆

毎日納豆を食べると見た目が10歳若返るとのこと。
理由は納豆に含まれる「ポリアミン」という成分。
ポリアミンは細胞の若返りに必要不可欠な成分です。

また「見た目の若返り」だけでなく「長寿」にも効果があるそうです。
他にも「免疫細胞が若返る」「動脈硬化を起こす物質を抑える」「ダイエット効果がある」などメリットがたくさん!

ポリアミンを含む食品は、納豆以外にもあるのですがヒトの血中ポリアミン濃度が高くなるのは納豆だけなのだそう。

さらに納豆には脂肪燃焼を促すビタミンB2が含まれているのでダイエット中の方にもオススメです♡

一緒に卵を食べるのもGOOD!
卵には肌の若返り成分をつくる細胞を増やす亜鉛が豊富。
また脂肪燃焼効果のあるビタミンB2も多く含まれているので納豆との相性が抜群です。

オススメの食べ方:納豆卵オムレツ!
私も良く作りますが超簡単なのでオススメです。

美肌・若がえり効果のある食べ物2:牛ロース

ハリのあるピチピチ肌になりたい人は牛ロースがオススメ
ハリのある肌はアミノ酸で作られていますが、牛ロースにはこの動物性タンパク質に含まれるアミノ酸が豊富。
さらに女性が不足しがちな鉄や亜鉛が豊富に含まれています。

鉄の中でも吸収効率のいいヘム鉄が多く含まれているので生理で貧血になりやすい女性こそ食べて欲しい食材❤️

牛肉の脂肪が苦手な方もいるかもしれませんが、肌のツヤを高めるには重要な栄養素だそう。

牛肉を食べる目安は1回に150〜200g、週に2回が目安。
カルビも美味しいですが美容のためにはロースがオススメだそうです。
理由はアミノ酸、鉄、亜鉛を効率良く取ることができ、余分な脂肪やコレステロールを取らずにすみます。

オススメの食べ方:しゃぶしゃぶ

 

美肌・若がえり効果のある食べ物3:卵

一番手軽に効率良く栄養が取れるのが卵。
実年齢を若く見せたい人は1日一個卵を食べるだけで美肌に近づくことができます。

肌を若返らせる秘訣は良質なタンパク質、ヘム鉄、亜鉛、ビタミンB群ですがこの全ての栄養素を含んでいるのは卵だけなのです。

30代になると肌の乾燥やシワが目立つようになるかと思います。
肌に潤いが欲しい方はぜひ今日から1個欠かさず食べるようにしてみてください。私も小腹が空いた時に茹で卵を食べるようにしています。

食べるタイミングは夜がオススメ。
理由は就寝中にお肌はうるおい成分をつくるから。
夜にシンプルな卵料理をサプリ代わりに食べるのもアリかも!?

美肌・若がえり効果のある食べ物4:鮭と春菊の「若返り鍋」

寒い冬は鍋が美味しい季節ですよね。美肌にオススメの鍋が「石狩鍋」。
石狩鍋とは鮭と野菜の味噌鍋のこと。
美肌やアンチエイジングに必要な材料が豊富な美肌鍋なのです❤️

その主たる食材が「鮭+春菊」。
肌老化の一つの原因が身体の中の抗酸化力が弱まってしまうこと。
抗酸化力を高める食材を取ることで、肌老化にブレーキをかけてくれます。

鮭は抗酸化力が高く美肌に効果的なのは有名。
鮭特有の「アスタキサンチン」という赤い色素に抗酸化力を高める栄養素が含まれているのです。
鮭を選ぶときは身が赤い鮭を選ぶのがオススメ。サーモンピンクよりオレンジや紅色が栄養素が高いものになります。

春菊は抗酸化物質であるベータカロテンが豊富。
また鉄も豊富で活性酸素を消去する酵素の材料になります。
シミやシワが気になる方にはぜひ食べて欲しい食材です。

さらに石狩鍋は味噌ベース。豆腐や味噌などの発酵食品は大豆サポニンも多く含まれており、老化物質・過酸化脂質を排除してくれる嬉しい若返り成分です。

食物繊維豊富なきのこ類を入れて、最強の美肌鍋を早速今日の夜作ってみてくださいね❤️(しかも簡単・時短だから嬉しい!)

美肌・若がえり効果のある食べ物5:豆腐とほうれん草の味噌汁

身体が若返るオススメのお味噌汁の食材が「豆腐・ほうれん草」。
前述の通り、味噌などの発酵食品には過酸化脂質が増えるのを抑える大豆サポニンが豊富。

大豆サポニンは脂肪の代謝を抑える役割もあり、ダイエットにもオススメだそう。
ほうれん草には肌を若くするベータカロテンが豊富な野菜なのでアンチエイジングしたい女性は頻繁に食べたいお野菜です。

美肌・若がえり効果のある食べ物6:レバー

最後にオススメしたい肌が綺麗になる食べ物が「レバー」。
でも苦手な方も多いのではないでしょうか。
私もレバーだけはお肌にとってもいい!とわかっていても苦手です。。

レバー=鉄!と言われるほど、鉄が豊富なので苦手ではない女性はぜひ取り入れて欲しい食材。
理由は肌のうるおい成分である「コラーゲン」を身体で作るために必須の栄養素が鉄だからです。

コラーゲンが十分にあればシワやたるみを防ぐことが可能。

また糖質を分解して太るのを防ぐビタミンB1と脂肪を燃焼させるビタミンB2も多いため、ダイエット効果が高い食材。

レバーのくさみを打ち消してくれるレシピがニンニクとオリーブオイルで炒めること。

オリーブオイルにも若返りのビタミンと呼ばれるビタミンEが豊富なので血液や血管を若返らせる効果もあるそう。

1〜2週間に1回食べるだけで効果があるので、苦手ではない方はぜひ食べてみてください❤️

まとめ

一人暮らしでも手軽に取れる美容に効果的な食材を紹介しました。
この本では身体や肌が若返る食材だけでなく、食べるとスリムになる食材や肌荒れ解消の食材など身体の内側から食べて綺麗なる食材がたくさん紹介されています。

もっと詳しく知りたい方はぜひ読んでみてくださいね☺️

では、また次の記事で❤️
最後までありがとうございました。

最新情報をチェックしよう!